[青空.net] [お薦めサイト] [産直市場] [農家向け] [ノウハウ] [厳選リンク] [プロフィール]
あなたは農業で1000万。儲けていますか?
想像してみて下さい。



市場売りの2倍~3倍の値段が、自分で決められる。
豊作年でも、値崩れしても価格が変動しない
規格外でも精品なみに売れ、夜なべで荷作り・選果をする必要がない。
夏の暑い日に、見栄えのためだけの消毒をしなくてもいい。
無理に規模拡大して忙しくなる必要がない。
輸入農産物が増えても関係ない。

そして、消費者に新鮮な農産物を提供でき、感謝される。



あなたは、そんな無料レポートを読んでみたいと思いませんか?


無料レポート お申し込み
お名前:
メールアドレス:


インフォカートのすすめ
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おどしたり、すかしたり。それでも動かない人を気持ちよく動かす方法は。

農家は、「D・カーネギー 人を動かす」をこう読む!





人を動かす方法として、何があるか。
脅して動かすこともできる。
命令して動かすこともできる。
お金を払って動かすこともできる。

でも、D・カーネギーの方法はそれらとは違う。



人を動かそうとする時に、よく間違える点があります。

それは・・・


批判し、非難し、苦情を言うこと。
あなたはそういう経験はありませんか?


どんなに極悪な犯罪者でも自分が悪いとは思っていません。
D・カーネギーは、1931年ニューヨークの凶悪な犯罪者”二丁銃のクローレー”の話をしています。
曰く。「凶悪無類のクローレーでさえ、自分が悪いとは全然思っていなかったということだ。」と。

「人間はたとえ自分がどんなにまちがっていても決して自分が悪いとは思いたがらないものだということ」です。


そしてD・カーネギーは、何かしてもらう時は、「相手のほしがっているものを与えるのが唯一の方法である。」と書いています。
もしあなたが、大事にしたい人がいれば、酒席に呼ぶでしょう。喜ばれる贈り物をすると思います。


それらはすべて、相手がどう思うか。相手の立場に身を置いて考えようということです。



人にものを頼む時に、自分の都合を押しつけるのでは駄目。
それではなく。「その人の好むものを問題にし、それを手に入れる方法を教えてやることだ。」です。



これは、一般生活だけの問題ではありませんね。農業でもそうです。


出来たから買ってくれ。買ってくれだけでは売れません。
あなたがこれを買うことでこのように良いことがありますよ。と教えましょう。

でも、農協や市場に出荷してもそのような情報提供は難しいですよね。


D・カーネギー氏や人を動かすは次の方が紹介されています。



ベンチャー社長ブログさま。
フォトリーダーになるのだ!さま。
ここ読め本本!!さま。
成功哲学塾ブログさま。
人は感情の生き物だ!さま。
読書練習日記(1日1冊)さま。
ストマネ☆こころのストレスマネジメントさま。
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるさま。
技術営業ハタオの日記さま。
本の中の名言・格言さま。
成功本の本棚さま。
浦島くんの群馬だよりさま。
Reckless Book Revueさま。
Taku's Blog++さま。
俺と100冊の成功本さま。
五臓六腑さま。
人を動かすさま。
余は歴史から学ぶ♪さま。
起業家200冊読破日記&共創日記さま。
起業、不動産、人脈つくりさま。
獅子王さま。
スポンサーサイト
テーマ:ビジネス書 ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!こんにちは!
内容が面白かったので、無名ブログながら記事掲載させていただきますm(__)m
ご迷惑でしたら、コメント削除しといてください。
なお、ご不明な点がございましたら「訪問者数」内の前書きへどうぞ。
2006/12/19(Tue) 14:40 | URL  | 涼微 #-[ 編集]
Tommyさま。
はじめまして。


>この本は、僕にとっても大事な本の一つです。

そうですよね。
何回読んでも色あせない。いつまでたっても色あせない。
カーネギー氏の偉大さがわかります。


これからも宜しくお願いします。
2006/04/02(Sun) 23:12 | URL  | 玲治 #-[ 編集]
はじめまして♪
この本は、僕にとっても大事な本の一つです。
また、おじゃま致しますね。
2006/04/02(Sun) 21:09 | URL  | Tommy #bb9ELfIA[ 編集]
はじめまして、Mr.Tと申します。このたびはTB有難うございました。

私は、初めて聞いたときの衝撃を忘れないように、カーネギーのCDを定期的に聴いています。

今後とも宜しくお願い致します。あとでゆっくりお邪魔させていただきます。
2006/01/08(Sun) 07:57 | URL  | Mr.T #-[ 編集]
コメント&TBありがとうございます。
コメントとトラックバック、そして記事でのリンク、どうもありがとうございます。
私の記事でもまたリンクさせていただこうと思います。
近いうちに、「道は開ける」を読もうと思っています。
カーネギーの著書は、全て熟読して、ビジネスや人生に活かしていきたいと思います。
2006/01/08(Sun) 00:38 | URL  | Stress83 #-[ 編集]
ありがとうございます
コメント&トラバ&リンクまで
つけて戴きましてありがとうございます。カーネギーさんの本はいつも原点に帰らせてくれる良書だと思います。今後ともよろしくお願いします。
2006/01/07(Sat) 17:53 | URL  | 5zo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
内容(「MARC」データベースより)「人を動かす三原則」「人に好かれる六原則」「人を説得する十二原則」など、社会人として身につけるべき人間関係の原則を具体的に明示する。あらゆる自己啓発の原点となった書の改訂版を訳した新装版。 この本のおすすめ書評@ブ...
2006/12/19(Tue) 14:38:01 |  書評ぽーたる
みなさんこんにちは!セミナーズブログでは、来る2月26日(日)に開催が迫った「ジェームス・スキナー特別講演会」を記念して、トラックバックキャンペーンを行います!このブログ記事にトラックバックを送っていただいた方の中から、抽選で合計60名様にiPod、ジェ...
2006/02/05(Sun) 13:46:28 |  セミナーズ:No.1セミナーポータルサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。