[青空.net] [お薦めサイト] [産直市場] [農家向け] [ノウハウ] [厳選リンク] [プロフィール]
あなたは農業で1000万。儲けていますか?
想像してみて下さい。



市場売りの2倍~3倍の値段が、自分で決められる。
豊作年でも、値崩れしても価格が変動しない
規格外でも精品なみに売れ、夜なべで荷作り・選果をする必要がない。
夏の暑い日に、見栄えのためだけの消毒をしなくてもいい。
無理に規模拡大して忙しくなる必要がない。
輸入農産物が増えても関係ない。

そして、消費者に新鮮な農産物を提供でき、感謝される。



あなたは、そんな無料レポートを読んでみたいと思いませんか?


無料レポート お申し込み
お名前:
メールアドレス:


インフォカートのすすめ
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラッガーは経営の教科書です。

農家は、「P.F.ドラッガー 現代の経営」をこう読む





ピーター・F・ドラッガーの現代の経営は、経営の教科書です。
他のマーケティングや経営に関する本は、参考書です。

あなたも勉強をする時は、教科書を見るでしょう。
参考書だけ見て勉強はしないでしょう。

ドラッガーを読まずに経営をするのは、教科書を見ずに試験勉強をするのと一緒です。
でも、経営には、そんな人がいっぱいいるんですよね。



現代の経営では、トップマネジメントについて書かれています。
トップマネジメントとは、経営管理者。大企業ではCEOや取締役。農家では、あなたのことです。

トップマネジメントの仕事は、事業を農業を決定し、行動し、ある態度を取る。ことです。



事業のマネジメント。管理とは、事業とは何か。事業の目的は何か。から考える必要があります。

ドラッガーは、「事業の目的として、有効な定義はただ一つである。それは顧客を創造することである。」と言い。
「事業が何であるかを決定するのは顧客である。提供される材やサービスに対し進んで支払いを行い、経済的な資源を富に変え、物を商品に変えるのは顧客である。」と言いきっています。
と言うことは、どうやって顧客を集め、その顧客が進んで支払う財やサービスを決めるか。が事業の目的です。

決して人事が目的だったり、会計が目的ではないんですね。
これらは、顧客を創造するという目的の一手段です。

まわりを見てください。手段と目的が反対になっている会社の多いこと。


でも、農業でも一緒ですよ。
今まで農協や市場に出荷している人は、おいしい物を作るのが農家の仕事だ。目的だと思っているかも知れませんが・・・
事業の目的の顧客の創造を農協や市場に外注しているだけです。

そして、顧客の創造という事業の目的を達成するために、マーケティングとイノベーションと言う手段が要ります。
マーケティングとは、どうやって顧客を集めるか。イノベーションは、より優れた、より経済的な財やサービスを創造することです。

農協や市場に出荷している人は、マーケティングを農協や市場に外注し、イノベーション。よりおいしい物を作ることだけしている訳ですね。
農家ひとり、ひとりを一事業体として考えると、マーケティングを農協や市場だけに任せるのは歪ですよね。



事業の目的がわかれば、その目的を達成するための目標が必要です。
ドラッガーは、事業の目標は一つではないと言っています。

例えば、「事業の目標として、利益だけを強調することは、事業の存続を危うくするところまでマネジメントを誤り導く。」と書かれています。

最近でも、マンションの構造設計偽造問題や三菱のクレーム隠しなど、利益追求が行き過ぎたらどうなるか。と言う例には事欠きませんよね。


それでは、事業の目標とは何が必要か。

「事業の存続と繁栄に直接かつ重大な影響を与えるすべての領域に置いて必要」です。

ドラッガーは、目標を設定する領域を八つ上げています。

(1)マーケティング
(2)イノベーション
(3)生産性
(4)資源と資金
(5)利益
(6)経営管理者の仕事ぶりとその育成
(7)一般従業員の仕事ぶりと行動
(8)社会的責任


家族経営の農家の方なら、6の経営管理者の仕事ぶりとその育成は、あなたとあなたの後継者のことでしょうし、7の一般従業員とは、あなた以外のご家族のことでしょう。


1から8の各項目の1年後。3年後。10年後の目標を立て、それを達成するためには何をしなければいけないか。を考えましょう。


農家の本棚では、P・F・ドラッガー氏について次の記事を書いています。


→ 実践する経営者


ピーター・F・ドラッカーや現代の経営について次の方が紹介されています。


「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!さま。
こちら中小企業総務部さま。
流転: Return to Foreverさま。
Tatsuya的、起業への道のりさま。
ファンダメンタル株式投資さま。
子育てパパのブログ日記Nextさま。
擬藤岡屋日記さま。
IT活性化と起業家支援/ハイパーITさま。
現代のつれづれ草さま。
ソリューション営業の道具箱さま。
社会人コーチさま。
流行りモノと気になるビジネス書のログさま。
九十九研究所@企業コレクション~じゅげむ本店さま。
成功の泉 -経済的自由を手に入れる旅-さま。
Toriumi@Blogさま。
復活バタ貧からの脱出!!さま。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/08/14(Thu) 16:45 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/06/24(Tue) 13:40 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/06/24(Tue) 12:41 |   |  #[ 編集]
はじめまして。このたびのご縁に感謝申し上げます。

大学時代に、長野県白馬のスキー場ロッヂで働いていたので、農業の真似事は経験したことがあります。
こちらのブログが、日本における農家の発展、農業への貢献につながるようにお祈り申し上げます。

今後もよろしくお願いします。
2006/01/02(Mon) 23:59 | URL  | 「感動創造」 #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして、こちら中小企業総務部です。
ブログの紹介&コメント&TB、ありがとうございました。

農家の視点でのビジネス書の紹介期待しています。
これからもよろしくお願いします。
2006/01/02(Mon) 10:10 | URL  | こちら中小企業総務部 #-[ 編集]
ありがとうございます
ご紹介いただき、ありがとうございます。「現代の経営」は、私のバイブルにしております。
これからも、よろしくお願いいたします。
2006/01/02(Mon) 08:49 | URL  | つかさ:「ソリューション営業の道具箱」 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
米経営学者ピーター・ドラッカー氏が死去  【ニューヨーク=発田真人】「経営学の父」と呼ばれ、20世紀の産業・社会に大きな影響を与えた米経営学者ピーター・ドラッカー氏(95)が11日、米ロサンゼルス近郊のカリフォルニア州クレアモントの自宅で老衰のため死去した。同
2006/01/03(Tue) 22:08:58 |  Toriumi@Blog
現代経営学の父とも呼ばれるピーター・ドラッガー博士がお亡くなりになった。企業の大小は問わず、経営に関わる人で、ドラッガーの名前を知らぬ者はいないであろう。ドラッガーは、オーストリアのウィーンで生まれ、ケインズの講義を生で聞き、記者時代にはヒトラーにインタ
2006/01/02(Mon) 22:15:58 |  「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
「現代経営学の父」と呼ばれるドラッカー氏が死去しました。私は、行政書士資格を取得していることからよく法学部卒と思われがちですが、私は、実は経営学部出身なのです。しかし、真面目に勉強したと言い切れないのでドラッカー博士のことはまったく知りませんでした。(..
2006/01/02(Mon) 14:20:57 |  資格神話に踊らされて
11日、アメリカの経営学者 ピーター・ドラッカー氏が、カリフォルニア州の自宅で亡くなりました。95歳でした。 数年前に何かの雑誌でドラッカー氏の名前を知り、 「マネジメント」という本を購入し読んでみました。残念ながら本の内容はよくわかりませんでした。 しかし
2006/01/02(Mon) 10:03:06 |  こちら中小企業総務部
P.F.ドラッカー氏が11日に死去されました。私が訃報を知ったとき、残念という気持ちとともに何か不思議なものを感じました。なぜなら、訃報をブログで知ったのですがブログを見ているパソコンの横にはドラッカー氏の「現代の経営」上下2冊が積んだまま置いてあった...
2006/01/02(Mon) 08:51:05 |  ソリューション営業の道具箱
管理人の承認後に表示されます
2006/01/01(Sun) 12:11:50 | 
NIKKEI NET:国際 ニュース米経営学者ピーター・ドラッカー氏が死去 【ニューヨーク=発田真人】「経営学の父」と呼ばれた米経営学者ピーター・ドラッカー氏(95)が11日朝、ロサンゼルス近郊のカリフォルニア州クレアモントの自宅で老衰のため死去した。(略) 1909年、
2006/01/01(Sun) 11:17:12 |  子育てパパのブログ日記Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。