[青空.net] [お薦めサイト] [産直市場] [農家向け] [ノウハウ] [厳選リンク] [プロフィール]
あなたは農業で1000万。儲けていますか?
想像してみて下さい。



市場売りの2倍~3倍の値段が、自分で決められる。
豊作年でも、値崩れしても価格が変動しない
規格外でも精品なみに売れ、夜なべで荷作り・選果をする必要がない。
夏の暑い日に、見栄えのためだけの消毒をしなくてもいい。
無理に規模拡大して忙しくなる必要がない。
輸入農産物が増えても関係ない。

そして、消費者に新鮮な農産物を提供でき、感謝される。



あなたは、そんな無料レポートを読んでみたいと思いませんか?


無料レポート お申し込み
お名前:
メールアドレス:


インフォカートのすすめ
-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから10年。農業農家はこうなる。

農家は、「船井幸雄 これから10年大予測」をこう読む!






船井幸雄氏はこの「これから10年大予測」を2004年に発行しています。


その中で、
「これから10年、地球規模の大変化を誰もが肌で感じるようになるだろう。
おそらく資本主義は崩壊することになる。
2020年までに、すべてが明らかになる。」
と言っています。


どういう事かというと、今。世の中の仕組みが変わってきていて、みんなが自覚するのが2020年頃になるだろうと言うことです。

その流れは、この「これから10年大予測」を発行された2004年当時から途切れることなく。
逆に加速している気がします。


どのような流れかというと、次のような地球の理から宇宙の理への流れです。

①複雑→単純 エゴが巣くうシステムは崩壊する。
②不調和→調和 不調和は誰かを犠牲にしている
③競争・搾取→共生(協調) かつての日本人の生き方を取り戻そう
④秘密→開けっ放し 秘密は世の中に受け入れられない
⑤束縛→自由 自由が人の能力を幅広く開花させる
⑥不公平→公平 能力が正当に評価される時代がくる
⑦分離→融合 さまざまなものの障壁がなくなっていく
⑧デジタル→アナログ 二元論では新しい時代に対処できない
⑨ムダ・ムラ・ムリ→効率的 非合理的なものは存在できなくなる
⑩短所是正→長所伸展 長所を伸ばせば、短所は気にならない


その流れの中で、雪印。三菱。ライブドア。姉歯。ヒューザーなどが消えています。



これから船井幸雄氏は宇宙の理に沿った江戸時代の循環型経済になるだろうと言います。

「循環型経済とは、限りある資源を効率よく利用し、またゴミを再利用して資源を循環させ、無駄なゴミを出さない経済システムのあり方です。」

そしてそれは、農業から再生されると。


今の日本の農業は、改めて言う必要がないくらい疲弊していますね。
食糧自給率が40%。農業人口も10%を切り減る一方。

「このままいくと、日本は将来、食糧難の危機を迎えることにもなりかねません。」


そんな中で、船井幸雄氏は、
「都市で幸せな生活を見出せない人たちは、これから農村に向かうだろうと考えられます。
フリーターやNEET、リストラされた中高年などは、その有力な候補かもしれません。
実際、その動きは、すでに始まっています。」
と言います。


このような流れの中、われわれ農家は何が出来るか。


農業は人の食べるものを栽培しています。
栽培した農産物を適正な価格で販売できる体制をとれるか。
都市で幸せな生活を見出せない人たちの為の受け皿が作れるか。
生産者と消費者のコミュニティーが作れるか。

もっと考えていく必要があるでしょう。



船井幸雄氏は、これから10年大予測の中で、斉藤牧場を紹介しています。

斉藤牧場とは、北海道旭川にある牛などを飼っている牧場です。
飼っているとは言っても、道に牧草の種をまくだけで、後は牛任せ。自然任せです。

「今では斉藤牧場内に山小屋が何件も立ち、教会もあって、多くの人がミサの後でジンギスカンを楽しんでいます。そして、斉藤牧場も高収益をあげています。」

「自然の摂理に沿って成功したいい例だと思います。山の自然と牧草地が融合して有機的に一体となり、協調してうまく循環しているのです。」


これからの農業はこういう方向に行きたいですね。



船井幸雄氏やこれから10年大予測は、次の方も紹介されています。


はーぶがーでんさま。
フカザワ@らんだむ~読書と日常~さま。
読書感想部。さま。
1000冊の本で幸せな成功をつかもう!さま。
毎日1分!芸能裏情報コラムさま。
スポンサーサイト
テーマ:ビジネス書 ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
ネット起業 事始め 今からでも遅ない!!さま。
コメントありがとうございます。


>船井本は、以前よく読んでました。最近はでんでんです。

昔は、本当の経営指南書でしたが、最近は波動とか怪しいですよね(^-^;)ゞ

私も斉藤牧場見てみたいんですけど、北海道なので、なかなか機会がなくて・・

これからも宜しくお願いします。
2006/03/22(Wed) 07:10 | URL  | 玲治 #-[ 編集]
「船井幸雄 これから10年大予測 【農業】」
面白い本の紹介ありがとうございます。船井本は、以前よく読んでました。最近はでんでんです。
”斉藤牧場”行って見たいですね。
2006/03/21(Tue) 19:59 | URL  | ネット起業 事始め 今からでも遅ない!! #-[ 編集]
いつも応援ありがとうございます。
>立石様。
月もあけて、忙しそうですね。

がんばって下さい。
またお願いします。
2006/03/01(Wed) 13:03 | URL  | 玲治 #-[ 編集]
こんばんわっ!!
すみません、時間がないので
応援だけして帰りますね~。ぽちっとぉ。
2006/02/28(Tue) 22:41 | URL  | 立石 マスオ #DHzyQwrU[ 編集]
コメントありがとうございます。
風来坊さま。
コメントありがとうございます。

インフレ来るぞ。来るぞ。っていう書籍も多いですよね。

でも、ああいうの見てると資産を海外に移動しようとかは書いてるんですが、一番大事な食料の確保をどうしようっていうのがないですよね。

人が生きるために最低減必要なのは水と空気と食料だと思うんですけど、その食料の確保がおなざりにされて良いのかなって思います。
2006/02/28(Tue) 17:08 | URL  | 玲治 #-[ 編集]
来るたびタメになります
今回の話題も興味深く読ませていただきました。
資本主義の崩壊・・・私も日本経済は崩壊し、5年以内にはハイパーインフレに陥ると読んでいます。
というわけで、外貨にも相当今は資金移動を始めております。
また、訪れさせていただきますね。
応援も忘れなくしておきますよ♪
2006/02/28(Tue) 10:37 | URL  | 風来坊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。